東芝株で大損しそうになった話

PR

東芝 株 大損

東芝の株を売買していたら大損しそうになりました。

当時は会社の収益が悪くなっており、あまり良い投資先ではありませんでしたが、なんだかんだで持ち直し大手だけあってなんとかなったのかなという印象でした。

株価も順調に上向きになって上昇していました。

しかし突然暴落が始まり何事だと思って調べてみると粉飾決算か何かをやっていたようでした。

大手だけあって色々な裏事情を抱えているのだと思いますが、日本を代表とするまさか東芝がやっているとは思ってもみませんでした。

海外の原発関連の会社を買収

そこまで詳しくはないのですが、東芝が海外の原発関連の会社を買収したら会社の価値か何かがとんでもない事になっていて約7,000億円ぐらいの負債があるという話でした。

何がどうなったらそうなるのか分かりませんが、東芝の調査が甘かったというのが一番の問題だったのではないでしょうか。

しかもその穴はあまりにも大きく、それをなんとかしようとして東芝の事業を色々と切り売りしてしまったため、もうインフラぐらいしかまともな事業は無いのではないだろうかといった印象です。

国関連の事業も行っているため潰すわけにはいかないと思いますが、国が手を出すというのはあまりない様です。

しかも新たに5,000億円ぐらいの損失が出るとかいう話も出てきてもう何がなんだか分かりませんね。

私は東芝株のリバウンド狙いで損した

幸いな事に私の場合、暴落には巻き込まれませんでしたが、東芝ほどの大手がこれだけ株価を落としたら必ずリバウンドがくるはずだと思って仕込んだのですが、思惑が外れてドンドン落ちていって東芝株で大損しそうになりました。

実際損はしたのですが、致命傷という訳ではないのがせめてもの救いです。

次から次へと悪材料が出るしもしかして最悪な場合上場廃止なんていう事もありえるので、もう東芝株を買おうとは思いません。

もっと普通に優良な株を買って地道に利益を出していこうと思います。

何かがあって急激な動きをするいわゆるイナゴや祭り状態になっている銘柄で個人的に利益を出した経験があまりない所か、むしろ損失をだしているような気がするので、やはり株はドッシリと腰を据えてニュースや流行に流されずやった方がいいのかなと思っています。

また、130年ぐらいの歴史がある東芝ほどの会社がこうなってしまうという事は、もう株の世界というのは何があってもおかしくないのだなと改めて思いました。

PR