株の初期費用はいくら必要?

PR

株の初期費用はいくら必要か気になる人もいると思います。

私がもしその質問をされたとしたならばこう答えます。

「そうですねとりあえず1億円ぐらい必要ですかね」と。

suusenman

今アナタバカにしてるのかと思いましたか?

その1億円が無いから株式投資してんだよ!

といった様な事を思ったかもしれませんがバカにしているわけではありません。

ただ1億円ぐらいあれば分散投資して配当金と株主優待で、比較的安定的に利益を上げることが出来るのです。

またそれだけあれば長期投資しておいてある程度儲けがでたら利益確定し、下がっても何年もほっておいて配当金と株主優待でしのぎ、また上がってきたら利益確定すればいいのです。

本来投資とはこういう物でよくいう売買して利益を出そうというキャピタルゲイン的な考えではなく、配当や株主優待で利益を出そうというインカムゲインメインで上がったらまぁ売るか程度の考え方なのです。

つまり株式投資は本来金持ちがやるための物なのです。

じゃぁ庶民が株主投資をやるのはダメなのかというとそういうわけではありません。

10万円でも300万円でもやるのは可能です。

しかしやるのと儲けられるかは別なのです。

もし株式投資をやるならばいくらを元手にいつまでに、いくら増やしたいのかを考えないといけないのです。

じゃあ1年で初期費用10万円を1億円にしたいです!

というとても正直な人がいたとします。

しかしそれは10万円を1000倍にしないといけないという事です。

はっきりいってこれはどう頑張ってもほぼムリです。

少なくとも数百万、数千万円ないと話になりません。

つまり初期費用は実現する可能性があるならばいくらでもいいんです。

また、株式投資は余剰資金でやりなさいとよく言いますがそもそも余剰資金てなんでしょうか?

a0002_006848

みなさん余っているお金なんてあるんですか?

失って良いお金を持ってるんですか?

おそらくそんな人はほとんどいないでしょう。

ですので結局余剰資金だと思って投資して負けてしまい、それを取り返そうとしてさらに資金を投入するのです。

なので結果的に株式投資における初期費用はあなたの銀行口座に入っている金額全てになってしまうのです。

そんなバカなと思うかもしれませんがこれは本当によくある話なのです。

最初は50万円からといっていたのがすぐに数百万円になっていって、
しまいには全部無くなって株で大損し借金するのです。

なので株式投資をする人はとても意思が強くないといけないのです。

そして損失に固執せず負けたらちゃんとそこで辞められる人じゃないとダメなのです。

つまり株の初期費用はいくらでもいいけどちゃんと実現可能な金額が必要で、意思が弱い人は初期費用が銀行口座全部になりますよという話でした。

PR