株で大損してあっという間に資産が半分になってしまいました

PR

株で大損して資産半分

私は体調を崩して年初から市立病院へ入院していたのですが、入院中に株のデイトレをしようと思いました。
「入院の手引き」を見ると環境は整っているようなので、ノートパソコンを持ち込みました。

入院して即パソコンの電源を入れましたが、インターネットに接続できません。
やっぱり、こんなことだと思ったと臍を噛みました。

看護師を呼んで何とかできないかと話したら、業者のような人を呼んでくれて簡単に繋いでくれました。

そして私は早速株取引を始めました。

入院中でも株取引で頑張った

病院だろうがどこだろうが儲けるチャンスがあるかぎり頑張るのです。

今SBI証券に約200万円、楽天証券に約100万円預けてあります。
入院して3日目胃の手術を受けました。

流石に当日は勿論、手術の翌日、翌々日は体がいう事をきかずに大人しくしていました。

術後3日目から体調はまだまだ不調ながら、退屈なのでパソコンの前に座わりました。
それから退院するまでの5つ日間、その内土日を除く3日間デイトレに集中しました。

切った腹が疼くときも顔をしかめながら頑張ると、30万円ほど儲けることが出来ました。

日銀のマイナス金利がきっかけに株で大損

退院して1月29日、自宅でパソコンに向かっていました。

甘利大臣の辞任があり株価の下落を心配していましたが、この日日銀がマイナス金利の導入を打ち出し、日経平均株価は乱高下をして結局476円の大幅高を演じました。

翌営業日も値を上げ、年初から続いた株安の流れが止まるかと思いました。
ところがマイナス金利導入効果は3日と持たず、2月の初めから大幅な下落が始まったのです。

東証一部もマザーザズ市場も殆どの銘柄が怒涛のように下げる。
為す術無しです。

大型株はじりじりと下げ、新興市場の株はナイアガラのように下げる。
毎日毎日下げる。

デイトレなの翌日以降に持ち越してしまい、それが損切出来ずに下げる下げる。
下げながら慌てて売ってまた買って、それがまた下がる悪循環です。

連日下げはきつく多くの個人投資家が追証に追われ、投げ売りをを余儀なくされて下げが下げを呼ぶ展開になってしまいました。

あっという間に株で大損、1週間ほどでSBI証券、楽天証券に預けた300万円の資産は半分の150万円になってしまいました!

入院中は頑張って血反吐吐いても儲けたのにやはり株は怖いです。

残り150万円。

理屈ではまだ戦える金額だが、当然減らすリスクもあり頭抱える毎日、結果的にリーマンショック以来の大損になってしまいました。

管理人コメント

たしかに2016年年始からの下落は凄まじい物でしたね。

私の場合は年始にあまり良いイメージがなかったのでたまたまポジションを持っておらず下落から逃れる事ができましたが、年末から持ち越した人や年始に購入した人は大損しただろうなと思いました。

残り150万円との事ですが、資産が半分になったらメンタル的にダメージがあるので中々株取引は難しいと思いますが頑張ってください。

PR