サンク・コスト効果を知り大損しない

PR

サンク・コスト効果とは株式投資における心理学の重要素の一つです。

具体的にどういう物か説明しますと、例えば投資銘柄を探していたとしてそれにかなりの期間を要したとします。

そしてアナタはこれを買えば絶対儲かるという銘柄を見つけて投資しました。
しかし株価はアナタの予想に反してどんどん下がっていきます。

その時アナタはあれだけ入念に調べたんだ絶対上がるはずだと思ってナンピンします。

しかし一向に株価が上がる気配がありません。それどころかどんどん株価は下がっていきます。

そしてアナタはようやく自分が間違っていたことに気付くのです。

けれどもその時はもう手遅れになっていて、とても損切りできるような金額ではなくなっており結果塩漬けして株で大損するのです。

なぜこの様な事が起こってしまうのかというと人間は時間とお金というなにかしらのコストを支払った場合、それをムダにしたくないという自分の都合を考えてしまうのです。

sannkukosuto

しかし株式市場はアナタ個人の都合などまったく無視して動きます。

これは時間やお金をかければかけるほど起こる心理です。

つまり株式投資においてはとある銘柄に固執しすぎてはダメなのです。

だめな銘柄はダメと割り切りさっさと損切りして別の銘柄に投資を行なう事が正解なのです。

ただし最初から長期投資や配当、優待券狙いという事であれば話は別です。

注意して欲しいのは塩漬けと長期投資では意味が違う点です。

同じ長期保有という事にはかわりませんが塩漬けはこれから上がると思った株が下がって結果的に手放せなくなってしまったことで、長期投資は数年という期間をおいたりして株価が上がるのをまったり配当や優待で利益を出そうという話です。

つまり塩漬けはサンク・コスト効果のせい、長期投資は自分の意思という事です。

PR