オリンパス粉飾決算により株で大損した話

PR

オリンパス株で大損

私は過去数度となく株式投資で大きな損害を出してきました。
特に重要発表前の株価の動きを読みきれず株で大損してしまう事も大変多かったです。

一例を挙げるとオリンパスがまったく予想だにしない粉飾決算を行っていて株価が急落した事があったのです。
私は大変驚いてしまい、なにもせず市場を静観してしまった事が結果大きな損失に繋がってしまいました。

株式は時に大変大きな損失を計上する事もあるので、取引に関しては十分な注意を要する場合もあります。
こういう発表があった場合、いかに速やかに処理できるかどうかも大変重要な事だと思います。

少しでも多くの収益を上げるにはまずは損を少なくする事から初めていった方が良い場合もあるでしょう。
またお金というのは大損をして初めてその重大さに気が付く場合が多いのです。

なので普段からロスカットをきちんと意識する事が大切なんだと思います。

管理人コメント

株式投資を行っていると意外と粉飾決算というニュースが飛び込んで来る事があります。

だいたいそういう発表があった場合、株価は下落を続けてとんでもなく株価が下がったりします。

最悪の場合、ストップ安が続き損切りをしようにも出来ないなんていう事もあるのがおそろしい事です。

粉飾決算は投資家側から見れば判断することはかなり難しくてはっきりいうとどうしようも無いと思います。

しかも損失を出したからといって企業側からなにか賠償があったりするわけではないのが怖い所です。

いってしまえばその銘柄の株を選んだのはアナタなのだからその株価がどうなっても自己責任なのは当たり前という理論です。

なので粉飾決算に出会ってしまったら早めに損切りする以外に良い方法というのは無いと思います。

数十年とか持てば株価は戻ってくるかもしれませんが、それも確実ではないですしあまり良い選択とはいえないといえるでしょう。

PR