株のナンピンは基本的にしない方が身のため

PR

株 ナンピン

株のナンピンは基本的にオススメいたしません。

ナンピンするという事は入ったタイミングがすでに間違っているという事です。

という事は間違った銘柄の株の保有数を増やして平均単価を下げたのでは勝つよりも負ける可能性の方が高いです。

もちろん計画的に意味を理解してナンピンするのは良いと思います。

しかし、何も分からずただ単に助かろうとするナンピンは最悪という事です。

株で負ける人はナンピンする人が多い

株で大損したり退場する人はナンピンする人が非常に多いです。

自分の負けを認められないため損切りも出来ず、とにかく助かろうと平均単価を下げますが株価がドンドン下落していき最終的に大損するのです。

ナンピンというのはそもそも損切りが得意な人がやるべき行為であって、間違っても苦手な人がやる物ではありません。

株というのは最悪なケースを考えて取引するのが大切で、ナンピンするという事は損失がより増えても構わないという事です。

それを許容している人だけが株でナンピンをして良いのです。

ナンピンする場合は基本的にいくらまで耐えるか考えておくべき

ナンピンをするにも資金に限度がありますし、必ず自分が許容できる限界というのがあるはずです。

その限界を超えてまでナンピンしようとする人が多く見受けられますが、そこまでいってしまうと損切りしようにも出来ない額になっている場合が多いのでやめておいた方がよいです。

もしナンピンをするのであれば、いくらの損失がでるまで耐えて損切りするというのをキチンと考えておくべきです。

ナンピンと買い増しは違う

株 ナンピン

ナンピンは平均単価を下げる行為を言いますが、買い増しはさらに儲けるための攻めの姿勢です。

一見やっている事が傍から見ると同じようにみえても、実際は意味が違う場合もあるのです。

そしてその意味を理解しているかどうかは投資家本人が理解しているかどうかです。

ナンピンする事に意味があるか考えるべき

株の場合銘柄数がたくさんあるのですから何も一つの銘柄に絞って資金を集中させる必要性がありません。

一つの保有株を助けようとナンピンするぐらいなら、他の有望な株を買って仕込んだ方がいいのではないでしょうか。

損失を出したくないという気持ちは分かりますが、相場の世界は自分の都合よく動いてはくれません。

なので冷静に状況を判断して自分基準の考え方を辞めて株式投資をするように心がけましょう。

またナンピンする人はスカンピンになるという言葉があるぐらいなので、株でナンピンしようと思うならよく考えて行動しましょう。

PR