株式で負けた理由は一つの銘柄に資金を集中させたから

株 負けた

株で負けた体験談となります。

わたしはもともと、株式投資、年金保険、学資保険、金への投資など一つ一つはそれほど大きな金額ではありませんが分散させて資金管理をしていました。

もちろんリスクを伴うものはほとんどなく、元本保証がないといえば株式投資くらいのものです。

今まで多少トータルで負けたというタイミングはありましたが、中長期で考えた際にはそれほど負けたということもありませんでした。

しかし逆に考えればリスクをとるような投資やお金のため方はしてこなかったのでどこかでシフトチェンジをしようと考えていたことも確かです。

そしてそれがどこのタイミングで何に投資をしていけばよいかというところが見えていなかったというのが実態でした。

後段で記載するようにいろいろ考えて判断し、株式に投資して負けたという事実につながっていくわけです。

パソソニック株に資金を集中して負けた

実際にわたしは株式に投資を集中させることにしました。

もちろん保険など継続しているものは除いてということです。

そしてその株式投資に関しても当時、自分自身が好きだった企業であるパナソニックに絞ることにしました。

当時の株価は1500円であるアナリストの話では2000円まで見えるという情報があったのでそこを信じたというのが理由になります。

結局1500円の当時に800万円分を投資しました。

しかし今はパナソニックの株価は1000円を大きく上回ることはありません。

現状は負けたといっていいでしょう。

もちろん今負けた状態でもそれがすべてではないのですが。

とはいえ投資を行った当時まで株価を戻すことがいつできるのかといえば、今の業界動向から考えてもなかなか難しいと言わざるを得ません。

なので今の所塩漬けしておくしかないですね。

管理人コメント

やはり株の基本は分散投資ですね。

一つの銘柄に資金を入れてしまうと不測の事態になってしまった場合、大損することになってしまいます。

ましてや粉飾決算や倒産なんていう事になったら目も当てられませんね。

まぁ短期で大きくとろうとしたら自信が持てる一銘柄に投資するという考え方は絶対に悪いわけではないですが、その分大損するリスクも覚悟しておくべきだと思います。

PR