株で損切りしないといけない目安は何か

PR

株 損切り

株は損切りをしないと勝てないと言われる事がありますが、本当にそうだと思いますか。

実は損切りがより必要なのはデイトレやスイングといった短期売買で、中長期といった長い保有期間の場合は滅多に損切りはしなくて良いです。

そもそも何故、株式投資において損切りが必要なのかと言うと自分の狙っていた事と実際の動きが反する事があるからです。

自分の考えが100%正しければ損切りする必要はありませんが、どんなプロでも完全に上がる株を当てる事は不可能に近いです。

間違えた銘柄の株を保有し続けても損失を増やして傷口を広げるだけなので損切りするのです。

株式投資で損切りが必要な場面

自分の思っていた様な動きにならなかった

例えば下落している銘柄でココでリバウンドがくるはずだと思って株を買ってみたもののリバウンドせずにどんどん株価が下がっていったとします。

この場合は、リバウンドを狙うために株を買ったので自然に考えるとそうならなかった場合損切りするべきです。

他には、ドンドン上昇していく銘柄で今から仕込んでもさらに上昇するはずだと思って銘柄を仕込んだとします。

しかし思惑に反して株価が下がってしまったとしたらそれを目安に損切りするべきだと思いませんか。

さらに再上昇する可能性はもちろんありますが、最初の思惑ではそのまま上昇するはずと思って買ったのですから、そうならなかった場合を目安にして素直に損切りするのが良いと思われます。

損をするのが嫌だからといってこういう場合に損切りしなかったら致命傷を食らってしまうかもしれません。

期待値的に損失を限定的にしないといけなかった

例えば10回トレードしていくらプラスにするという計算を事前にしていたとします。

そうすると1回のトレードで出来る損失というのはある程度決まっているはずです。

当然その額を超えてしまったら損切りするべきです。

保有銘柄が投資対象に値しなくなった

株 損切り

この会社のゲームは必ず大ヒットするはずだと思って株を買ったとします。

しかし実際はそうならず、大した利益が見込めなくなってしまった場合は素直に株を損切りしましょう。

似たような状況でどんどん決算がよくて次も決算がいいはずだと思って株を仕込んでみたものの、いざ蓋を開けてみると予想の利益よりも足らなかったという場合も損切りを考えていいと思います。

とにかく自分が考えていた通りにならず投資対象にならなくなった場合を目安として損切りするのが大切です。

株の損切りは保険であり勝つための手数料

株価が上がる見込みがまったくない株を持ち続けても上がるか分かりませんし、むしろ下がって損失が増える可能性もあります。

株の損切りというのは致命傷にならないための保険であり、次の投資をして勝つための手数料なのです。

売買の方法にもよりますが損切りは株取引をする上でとても重要な要素なのです。

PR