軽い気持ちで手を出したら株で大損して撤退する羽目になった

PR

karuikimoti-oozon

私が株を始めたきっかけは友人からの勧めでした。
さほど余裕となるほどの資金は持っていなかったのですが、ほとんど損をせずに配当が良い銘柄を指定して買えば良いという誘いに乗ったのです。

友人からはいくつかメーカーの名前を出されましたが、キヤノンは配当がいいというのを聞いてもいたので即決で決めました。

様々な情報を見ていても業績は悪くなさそうだったのも決め手でした。
まさかその時は自分が株で大損をするとは思ってもいない株への初挑戦でした。

固いところなら株で大損しないと思ったのに

百万円程度の資金で当時四千円程度の値をつけていたのを買ったのですが、そこから急激な円高が進みました。

私の下調べが不足していたのですが、キヤノンは為替によって大きく業績が変わります。

海外売上の比率が国内のメーカーでも高かったので急激に三千円半ばまで株価が落ちて大損することとなってしまいました。

最初はパニックから抜けられなかった

お金にすればわずかに十万円から二十万円程度の損失でしたが、私からするとそれは十分大損に当たるものでした。

私がそんなに覚悟を決めて株に手を出していなかったのが遠因になりますが、何もしていないのにこんなに一気に損失を被るなんてショックでした。

とにかく私はその時パニックに陥って株を勧めてきた友人に電話をかけたのですが落ち着きを取り戻すように諭されました。

しかし配当を合わせても到底損を取り戻せない私は、その後も株価が上向く気配を見せないのを見てすぐに手放してしまいました。

結局十八万円程度の損失を出して終わったのですが、私にとっては大損する痛い経験となりました。

安易な気持ちで株を始めたらそれが底堅い銘柄であっても嫌な気持ちにしかならないようです。

もっと余裕のある資金で取り組めばよかったなと反省をしています。

管理人コメント

友人から勧められて株を始める人は多いですが、配当目的の場合多少の株価の値動きは許容できないといけません。

配当というのは実際、すごく少ない取り分なのでちょっとした株価の値動きで損してしまいます。

いくら有名企業でもコレは変わらないので、株を始める前にもっと友人から詳しく聞いておくべきだったと思います。

というか本来なら勧めた側の友人さんがちゃんと教えておくべき事なんだろうなと個人的には考えてしまいますね。

PR