臨床試験失敗により空売りと損切りで株価が暴落して大損した

株 空売り 大損

2016年5月に投資していたバイオ関連株が臨床試験に失敗し、損切りと機関の空売りが重なり株価が暴落して大損しました。

損失は約200万円程度で、これまでの儲けを溶かしてしまう大損でした。

その銘柄は製薬会社のもので、長年研究していた新薬の臨床試験の結果が6月に出る予定でその有望性から株価が急上昇していました。

私も4月にその株を手に入れ試験の結果を待ちました。
今にして思えば、その時点で非常に割高でかなりリスキーな投資でした。

臨床失敗で損切りと空売りの嵐で株価暴落

株価はさらに上昇し、含み益は50万円近くになりました。
しかし、ある日突然株価が大きく下がる日がありました。

何事かと思うも薬の成功を確信していた私は特に気にせずそのまま株を保持していました。

その翌日、新薬が失敗したというIRが出てました。
ただでさえ暴騰していた株価は大暴落。

損切りと空売りがさらなる売りを呼び、3日間程は値を付けない日が続きました。

銘柄に惚れてはいけない、逃げ時の判断をどのようにするか

冷静に今思い返すとそもそも何故そこまで自信を持って新薬の成功を信じてしまったのかと悔やまれてなりません。

バイオ関連銘柄というただでさえリスクが高くまた空売りの餌食になりやすい株式を触っている以上逃げ時の設定がとても大事な事です。

しかしその時は高騰する株価に圧倒されバイオ関連銘柄の所謂「夢を買う」という部分に魅了され疑いの目を持てなかった事が大損に繋がりました。

本当にその株が将来性があるのかその企業に本当に将来性があるのかしっかりと見極めて投資をしていればここまで大損する事は無かったのではないかと思います。

その基準で考えるとその会社はあまり良い会社とは言えませんでした。
また、機関投資家の空売りが入った時点で大局を読めなかった事も反省ポイントです。

どこで逃げる事が有効かその重要性を知るには高い授業料になりました。

管理人コメント

時期と内容から考えて、おそらくアキュセラだと思いますがあの暴落はかなりひどかったと記憶しています。

個人的にみた事も無いレベルの暴落で色々なサイトで祭りになっていましたね。

億トレーダーもあの暴落に捕まっていた様ですし、臨床試験失敗のニュースはやはり大きかったのだと思います。

結果は結局分かる物ではなかったので、リスク回避をするなら事前に逃げておくしか無かった様ですね。

管理人は別にあの銘柄を買ってはいませんでしたが、個人的にあの出来事は良い株の勉強になったと思います。

PR