株で失敗する人の特徴を知り大損しないようにしよう

株で失敗する人

株で失敗する人は基本的に我慢できなかったり、なんの論理性も無くただの感で取引をする人です。

普通に考えてこういう人達は株をやっても大損していつか退場してしまう事になります。

そうならないようにもっと株で失敗する人の特徴を覚えて注意して行動しましょう。

株で失敗する人の特徴

チャンスを待てない

株を買う時にここまできたら買おうとか売却しようと事前に決めていても焦って売買してしまう人が非常に多いです。

こういう人達は典型的な株で失敗する人です。

例えばどんな優秀なプロでも自分が勝てると思ったポイント以外で売買をしたら勝てるわけがありません。

つまり自分のルールを無視してチャンスを待てない人は運以外ではどうやっても勝てないのです。

株式投資の場合、銘柄数が多いのですから一つの銘柄に固執せずに視野を広くして取引した方が、チャンスを狙う事ができます。

視野が広ければ当然チャンスが多くなるので我慢して待つ事も減るはずです。

なんの理論も無く売買している

株で失敗する人はなんとなくチャートを見てここが底値付近だとか、まだこの株は上昇するはずだなどといってなんの論理性も無く売買する人です。

いってしまえばただの自分の感覚で取引しているだけなので当然勝つ事は出来ません。

なぜなら自分の感覚と実際に動く相場は連動しないからです。

反対に株で勝っている人はなんらかの優位性や理論を考えて取引します。

そういう物が無ければ株で勝ち続ける事は当然不可能だからです。

もし何も見つける事が出来ないのなら株を取引してはいけないのです。

ランキングに載っている銘柄ばかり取引する

ランキングに載っている銘柄は基本的に変動が激しく、ストップ高かと思いきや次の日にはストップ安になっているなんて事がある銘柄が多いです。

それだけ株で大損する可能性が高く、常にザラ場を見れる人で無いと取引するべきではありません。

基本的にこういう銘柄を取引する場合は、デイトレや動きを見て次の日に持ち越すなどとにかくその時の動きをみる必要があります。

そういうリアルの動きを見て特徴を掴み取引するというやり方以外はやってはいけないのです。

掲示板のコメントや知り合いのおすすめなどを信用する

株で失敗する人は自分で判断しようとせずに掲示板で人気になっていたから買ったとか、知り合いで株に詳しい人に進められた銘柄を買ったなどそういう人達が多いです。

掲示板で書き込みしている人の中には勝っている人もいるのでしょうが、ほとんどが負け組みで適当な事をいってる場合が多いです。

もしくは自分の仕込んだ銘柄を買い上げてくれるように宣伝したり、売らせないようにして強気の発言をしたりします。

基本的にめちゃくちゃな事をいっているので、株式相場で勝つ気があるのなら自分自身を信じて自分で銘柄を選択する強さが必要です。

他者の意見で買った銘柄は結局信用しきれずに持ち続ける事は出来ませんし、そもそもが間違いなので大損して負けてしまうのがオチです。

株で失敗する人は論理的ではない

基本的に負けて大損する人は考えている様で理論がめちゃくちゃな人です。

他人にその理論を説明したらおそらく意味が分からず困惑される事でしょう。

また、アレやコレやと色々なモノに手を出して結局どのやり方も中途半端になって負けてしまうなんて人も多いです。

基本的には一つのやり方を極めて勝ちパターンを見つけたほうが良いでしょう。

PR