デイトレーダーに憧れて株のトレードを始めたが大損した話

PR

株のデイトレで大損

「デイトレーダー」の華やかな生活に憧れ、なけなしの貯金を株に投資しようと思ったのは今から10年くらい前の事でした。
当時、私は勤めていた会社があまりにもブラックで低賃金だったためいつも転職を考えていました。

どの仕事ならたくさんの給料がもらえるのか? 
自由な時間が持てる職種は何なのか? 

いつもそんなことばかり考えていました。
しかし当時の私が就職出来るような会社はブラックな会社ばかり。

デイトレードに挑戦してみた

そんな時、株取引で大金を手にしているデイトレーダーの存在を知りました。
株取引のやり方・経済の知識などを全く知らず、株で大損する危険性も考えずに50万円を元にデイトレードに挑戦しました。

その時は勝ち負けを繰り返すだけですぐに約5万円ほどマイナスした事を覚えています。

このままでは資金が減る一方だと思い当時話題になっていた「ライブドア」に投資する事を考えました。 

出来高が多く、ワンコインで買えるためデイトレードに向いていると何かの記事で読んだ事もきっかけの1つです。

購入してからは日々売買を繰り返し、デイトレードをやっている自分に酔っていました。

結局株で大損してしまった

しかし、すぐに憧れの生活が崩れていきました。

年を明けた2006年1月16日証券取引法違反容疑でライブドアに家宅捜索が入ったのです。

私は知識がなかったため一時的に株価が下がるだけで、今のライブドアの勢いならまたすぐに株価を戻すのではないかと思い株価700円×600株=420000円の株を持った状態で静観する事にしました。

しかし翌日からの株価の下落は想定の範囲外でした。

売り注文が殺到しSTOP安が2日続いたため、気付けば株価が160円なったのですが、素人デイトレーダーがこんな時の対応の仕方なんて知るはずもありません。

結果2日でマイナス30万円の大損をしました。

その後しばらく塩付けしましたが、生活費が底を尽き、やむなく10万円で株を売却しました。

今思えば後世に語り継がれる「ライブドアショック」を少しばかり体験し、大損した事は良い思い出となっております。

管理人コメント

デイトレードで生活していくというのは株をやっている人なら一度は夢みた事だと思いますが、なろうと思ってもなれるものではないし定期的に利益を上げていかないと生活する事すら難しいですよね。

専業になろうと思ったらまず生活できる分の資金を投資金とは別に確保しておくのが普通ですし、最低でも数百万円以上ないと多分話にならないと思います。

またデイトレードは上手くいけばどんな投資法よりも利益が取れますが、やはり難しいので結構な人が大損するみたいですね。

PR