株のデイトレ手法とは

PR

株 デイトレ 手法

株のデイトレ手法についてお話いたします。

デイトレは一日の内に何度も売買をする投資スタイルの事で、上手くコツが分かれば資金効率が良いので短期間で大金を手に入れる事も可能です。

株のデイトレ手法について

流動性のある銘柄を選ぶ

株のデイトレではいわゆるボラティリティ、つまり動く値幅が無いと利益を上げる事が出来ません。

そのため、何かの材料が出た銘柄や注目されているセクターなどとにかく資金がきている銘柄を取引するのが一般的です。

資金さえきていればどんな地合いでも勝てる可能性があります。

板を読む

株のデイトレ手法では板の動きが大切で、大口が存在するのかや存在したとして何がしたいのかなどを見る必要があります。

また、どこに指値があるのかなども見てその意味を考える事が大事です。

アルゴリズムを読み切る

今の株式相場はシステムが取引している場合が多く、ファンドによって様々なシステムトレードが行われています。

そのアルゴリズムを読みきる事でそれを逆手に取って利益を上げている人もいる様です。

出来高を見る

出来高はどこでどのぐらいの人が買ったか売ったのかをみる事が出来て、その意味を考えてみると株のデイトレで有利な取引をする事が可能です。

株のデイトレ手法のメリット・デメリット

株のデイトレは1日で売買を終えさせる事が出来るので、引け後の悪材料やなにかしらの暴落に合う事があまりありません。

そのため大きな損失が出にくいともいえます。

しかし短期に売買するため手数料がかかりますし、ずっと画面とにらめっこなのでかなりの神経を使います。

株のデイトレ手法は人を選ぶ

株のデイトレ手法は即座の判断と損切りが求められますので、性格や能力的に合っていない人がいます。

また、日中働いている人などはデイトレ自体をする事が出来ませんので、そういう生活スタイルも考えると株のデイトレというのは出来る人が少ないです。

ほとんど専業の人しかいないのではないでしょうか。

そういう事を考えてもデイトレというのはプロの相場で、正直初心者にはおすすめいたしません。

株のデイトレは基本的に弱い人をハメ込ませようとしてくるのでかなり大変です。

PR