株で大損する原因は自分にある

株で大損してしまうのは他人のせいではありません。

自分自身が株式投資で大損する行動をとっているのです。

逆にいうとその大損する行動さえしなければいいわけです。

株は大損さえしなければ勝つ可能性が残ります。

しかし一度に資金のほとんどを吐き出してしまうともうどうしようもありません。

株で勝つために必要な要素はいかに大損しないか、つまり俗にいう「負けない投資」を行い生きる術を身につけるのが先決なのです。

儲けるのはその後の話なのです。

kabudeoozon

株で大損してしまう原因

株で大損してしまう原因はいくつかあり、これをやらない事によって大損する可能性を低くする事が出来ます。

一度に資金に見合わない金額の株を買っている

よくありがちな事として100万円投資資金があった場合、いきなり100万円分全部購入するとかそこまでいかなくても、80万円投資するといった行為をしていませんか?

俗にいう「集中投資」ですが、この場合は買いポイントを複数に分けるといった、ナンピンを前提としない買い方です。

こういう株の買い方をしてしまうとその銘柄になにかしらの悪材料があった場合、大損してしまう可能性が高くなります。

最悪のケースでは会社が倒産してしまい一発退場なんてのもありえるのです。

また、集中投資してしまうと本当にチャンスだと思った時に、入る事が出来ないというデメリットも生じてしまいます。

そういった意味でも集中投資といった物を避ける事が株式投資での基本となります。

資金は一つの金庫に一気にいれるのではなく、色々な金庫に入れて守っておくのが大切なのです。

okane

高騰銘柄を買っている

大損してしまう人の特徴として高騰銘柄を好んで買うという物があります。

高騰銘柄とはつまり、すごい勢いで上がっていたりストップ高になっている銘柄の事です。

株は安く買って高く売る事によって利益を出すのです。

それなのに高くなっている所で買ってどうするのでしょうか?

また、株というのは上がる勢いがすごいほど下がるのです。

なぜなら上がるほど買った人が儲かるわけですから、
利益を確定しようと売りに出すからです。

高騰銘柄を買う人はこんなに株価が上がり続けているならさらに上がるはずだ!

なんていう思惑で買って結局高値掴みしてしまい大損というのが典型的なパターンです。

株は上がってから買ったのでは遅いのです。

ここから上がるだろうといった初動の段階で入らなければ儲ける事は出来ないのです。

daibouraku

決算を持ち越している

決算の持ち越しほど大損する物はありません。

買う人はこの会社の決算は良さそうだぞ、これは上がると思って買いますが、実際は決算が良くても急激に下がる事が多々あるのです。

なぜなら市場では「その決算が今の株価に対して適性かどうか」を判断するからです。

なので会社予想より決算が良くても下がるときは下がるのです。

決算が良くて株価が高騰する場合は「会社予想よりとんでもなく業績が良かった」場合だけです。

逆に決算が悪くても株価が上がる場合が存在します。

それは、株価がずっと下がっていて悪い決算が発表され、「これ以上もう悪材料はなく下がりようがない、あとは上がるだけだ」といった場合です。

どっちにしても運否天賦に近い物なので決算は持ち越さない方が、大損する可能性を低くする事ができるのです。

kextusanmotikoshi

損切り値を決めていない

これは本当に株式投資でよくある事なのですが、冷静に考えるとありえないのです。

株を買う前にいくらまでいったら損切りするというのを考えていないという事は、極端な話「投資した金額全部無くなってもいいよ」と言っているのと同じなのです。

それに急激に下がった時に前もって決めていないと、「あっ! どうしようどうしよう」となってそのままスルーして大損するのです。

また、基本的に株式投資では「逆指値注文」は常にかけておくべきなのです。

ザラバを見ているのならいいですが、ほとんどの人は外にでて働いているはずです。

その時は当然自分のもっている株がいくらになっているのか把握する事はできません。

すると当然もしかしてすごい下がって大損しているかもしれないといった様な不安にかられるはずです。

そういう気持ちを防ぐために必ず逆指値注文をしておくのです。

逆指値をかけておくとだいたい損が出たとしてもいくらというのがわかります。

これは心の余裕を持つ上でとても大切なのです。

自分のお金に保険をかけておく、これは当たり前で当然だという事を理解しておいてください。

>株で大損した人の話を見る

PR